2018年7月の日本法人設立により、SCC Japanは国内外のお客様の化学品法規制対応のニーズを満たす為に多くのサービスを提供しています。 SCCジャパンの設立に至るまでにリエゾンオフィスジャパンとして日本国内で10年間の運営の実績があります。

SCC Japanは設立当初から2つの方向で活動しています。

  • 日本以外で活動している日本の顧客に海外の法規制対応および科学的支援を提供する。(例:最初はヨーロッパで、その後アメリカや他のアジアパシフィック諸国でますます増加している)
  • 日本以外の海外企業が日本で展開する製品について日本の法規制対応を支援する。

日本市場向けの法規制対応サービス

特に日本では、化審法(CSCL)および労働安全衛生法(ISHL)に基づく法規制対応サービスを提供しています。詳細については、Chemicals in Japan Webサイト をご覧ください。

欧州市場向けの法規制サービス

ヨーロッパでは、以下の分野で本格的な法規制および科学的支援と登録サービスを提供しています:

>> 農薬とバイオラショナルズs

>> 殺生物剤

>> 化学品

>> 消費者製品

>> び化粧品

>> 飼料および食品添加物

>> 医療機器